笑顔繋げ隊2016夏・この夏も児童養護施設の慰問活動無事に終了いたしました


本日はこれまで年に2回の恒例行事ととして活動が続けられている大阪市内の児童養護施設への慰問活動「みんな好っきゃ麺・笑顔繋げ隊」として、社会福祉法人 高津学園様(大阪市天王寺区)にて手打ちうどんとかき氷のふるまいイベントを開催させていただきました。

20160725 笑顔繋げ隊@高津学園

今回もうどん店、ラーメン店、カフェの店主さん・スタッフさんをはじめ趣旨にご賛同くださる各種団体・個人の応援有志の多数の参加・ご協力を経て、本格的な手打ちうどんをふるまわせていただくため準備を整えて会場となる高津学園様にお伺いいたしました。

子供たちに提供させていただく手打ちうどんやぶっかけ出汁などの食材はいくつかの店舗にそれぞれ自慢の麺や出汁を用意してもらった上でそれぞれ順番に茹で上げ、合わせるぶっかけ出汁も別のお店のものに組み合わせを変えていくーなんていう趣向もこらして今回だけのオリジナルうどんを子供たちに召し上がってもらいました。

今回高津学園様から予めいただいた宿題は「小麦グルテンや生卵、果物など、各種のアレルギーをもつ子供さんがいらっしゃるので、それらの子供たちにも一緒に食事を楽しめるように考えてみてほしい」ということ。

そこで執行部・TKU田中は、小麦粉由来の成分を一切含まない、「グルテンフリー」のおうどん(麺はもちろん、出汁に含まれる醤油やトッピングの甘辛い牛肉に至るまで)を一番初めにご提供し、そのあと順次アレルギー対策を考慮したレシピのメニューを子供たちに食べてもらおう!と。
グルテンフリーな食材・調味料について改めて学習・研究したうえで、小麦グルテンの混入しない徹底した環境下でトッピングなどの仕込みも事前に行ってくれました。

牛肉の準備

牛肉の準備

多くのボランティア参加者もこういった手順での食事提供は初めての経験でしたが、学園の先生や栄養士の先生のご指導もあって大過なくアレルギー体質の子供たちにも食事を楽しんでいただくことができました。
美味しい!と笑顔で完食して、さらにお代わりもー。この表情を見ることができるのがこのイベントの大きなやりがいのひとつなんですよね。

おうどんのトッピングにはグルテンフリーの醤油で甘辛く炊き込んだたっぷりの牛肉に、うどんの藤や店長ややまちゃんがその場で揚げた大きな竹天。ネギや天かすも参加各店で事前に丁寧に仕込んでくれたものばかりです。
事前にかなり多めに(たぶん大分余るやろなぁと思われる量を)、およそ100人前は超えるような麺やトッピングを仕込んでいたにも関わらず、予想を超える子供たちの食欲とお代わりぶりであっという間に全食材がほぼ売り切れ完売状態に。

あと、今回はf-cafe中野氏が自家製で仕込んできてくれたイチゴとマンゴー、白みつの3種類のシロップを持参して、かき氷を現地で製造というのも目玉のひとつになりました。
スタッフも「このシロップで食べるかき氷は美味いやろなぁ~」と楽しみにしてるのをしり目に、子供たちがガンガンお代わりを要求(笑) ついにはスタッフの分まで残りませんでした( ;∀;)…

20160725 笑顔繋げ隊@高津学園
f-cafe特製 かき氷シロップ

f-cafe特製 かき氷シロップ

子供たちは食事を終えてもボクら参加スタッフとそれぞれにいろんな話題を投げかけてくれて、共にゆったりと楽しくお話する時間もいただけましあた。
いろいろとアドバイスやサポートをいただきました高津学園の副園長様、そして先生方、栄養士の先生方には心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

今回も新たな気づきや勉強になることがいっぱいのイベントになりましたし、今後もこの経験を活かして一か所でも多くの児童養護施設、一人でも多い子供たちに笑顔をつないでいけるような活動を続けることができればとみんな気持ちを新たにしたと思います。

————————————
笑顔繋げ隊2016夏 参加スタッフ・食材提供や仕込み担当者
(順不同)

うどんの藤や 岩本さん
麺くいやまちゃん 山下さん夫妻
 堂脇さん夫妻
(以上、うどん&ぶっかけ出汁提供。藤やさんは天かすもご提供)

ひだりうま 原さん
(・煮干しや 北田さん)
(以上、小口切りネギ提供。ひだりうまさんは生醤油も)

f-cafe 中野さん
(かき氷用の氷、各種シロップ製作)
大成閣 梅本さん

・勝藤さん(No Noodle No Life
・はんしーんさん
・乾杯(桃谷) ママさん

麺屋わっしょいグループ 西原さん&娘さん
TKU田中さん
西天満 麺乃家 赤坂さん
有限会社ノーティーズ 石井

以上
————————————

イベント当日のスナップ

※子供たちのプライバシーを考慮して、食事風景や顔が映った写真の掲載は控えさせていただいております。ご了承ください。