「笑顔繋げ隊2016冬」児童養護施設慰問活動も無事に終了いたしました


暮れも押し迫った12月30日(金)。
2015年末、そして2016年7月に引き続きまして、大阪好っきゃ麺スタンプラリーの活動母体である「みんな好っきゃ麺」のもう一つの大切な活動、児童養護施設への慰問活動を行う「笑顔繋げ隊」を敢行してまいりました。

今回訪問させていただきましたのは、大阪市淀川区十三に校舎を構えられる「博愛社」さま。
創設はなんと1890年という永い歴史をお持ちの社会福祉法人「博愛社」様の一部門である児童養護施設です。

博愛社様は社会福祉法、児童福祉法、老人福祉法、介護保険法などで定められている様々な福祉サービスを提供される社会福祉法人の団体組織で、キリスト教の「隣人愛」の精神に則り子供たちの健やかな成長を細やかに助け、支えていく環境の整備や、高齢者の方々が健やかな毎日を送れるようなサービスの提供を進められています。

博愛社公式HPはこちらをご覧ください。

年末をこの施設で過ごしているお子様の数は幼児から高学年まで総数約100名ほど。指導される先生・スタッフは約30名いらっしゃるということで2016年夏の慰問活動よりも多い対象者数となりましたが、皆さまに温かくて美味しい麺料理を楽しんでいただこうと、実行委員会執行部のラーメン担当者やうどん料理担当者を中心に趣向を凝らして当日の計画を立ててまいりました。

で、今回のメニューに決定したのが執行部ラーメン部門担当者のコラボによる「特製ラーメン」と、うどん部門担当者+お好み焼きでんちゃんによる「特製イカ焼き」。

特製コラボラーメンのレシピは次のようなメンバー構成

  • 麺(麺乃家 西天満店・赤坂店主 監修)
  • スープ(麺屋而今 島田店主 監修)
  • かえし・煮玉子(麺屋わっしょい 西原店主 監修)
  • 香味油(かしや 柏原店主 監修)
  • チャーシュー(麺創麺魂 川崎店主 監修)

こんな感じ。スゴイでしょ?(笑)
お店で販売したらおそらくたくさんのラーメンファン、ラーメンブロガーも注目してくださるようなコラボやと思いません?

これを当日に施設の敷地内でスープを沸かし、麺をその場で湯がいてご提供するわけです。
こんな感じ(^^)

うどん部門は麺を湯がくのにとても時間がかかることなどから、寒い冬場に今回の対象人数では温かいものをご提供させていただくことは難しいということもあって、同じ粉もんの「イカ焼き」をご提供させていただくことに。

※これ、イカ焼きの試作品なんでイカ入ってません(笑)

わっしょい西原氏持参の業務用のゴッツいイカ焼きマシーン(提供:東桃谷 岡地車会)を投入しての調理となりました。

まずは本日のイベントを快く迎え入れてくださった、博愛社様の先生・園長先生よりお子様たちにご挨拶とご説明をいただきましてラーメンとイカ焼きのご提供がスタートしました。

※プライバシーに配慮いたしましてお子様の顔が映っていない画像を使用させていただいております。

幼児・低学年のお子様からきちんと行列にならんでみんな行儀正しく料理が出来上がるのを待ってくれていたり、また高学年の子供たちが幼児や低学年の子供たちを引率してあげたりサポートしてあげたりする優しい姿がとても印象的でした。

小さなお子様たちには屋外は寒いであろうということなどから各自の部屋に持ち帰ってお召し上がりいただき、高学年の子供たちは私たちが調理するすぐ前にテーブルを置いてその場で楽しんでいただくことができました。

最初はちょっと遠慮気味に料理を受け取っていた子供たちも、その後何度もおかわりにならんでくれて楽しそうに待ってくれる姿を見るだけで私たちボランティアスタッフも本当にやりがいと元気をもらうことができました。

毎度のことですが、子供たちに「ごちそうさまでした!」「美味しかった!」とお礼の言葉を大きな声で言ってもらえると、涙もろい極楽うどんグループ 田中代表たちは涙流して喜んでましたね(*^^*)

ラーメンやイカ焼きをそれぞれ5食もおかわりしてくれるスゴイ子供までいたりして、みんなが本当に美味しいと喜んでくれたことで私たちもホッとすると共に、今回もこうして慰問活動をさせていただけて良かったと全員がすがすがしい気持ちでお料理をご提供させていただくことができました。

今回もたくさんの子供たちの目の前で温かい麺料理などを作ってお召し上がりいただきましたが、これをひとつの楽しい思い出にこれからも健やかな成長を続けていただきたいという思いと、そしていずれ大きくなって社会に出るときに、飲食業界で活躍してみたいーと考えてくれるような子供とのご縁がつながることがあれば、こんな幸せなことはないと考えております。

「笑顔繋げ隊」の活動も4年目を迎え、これまでの実績なども踏まえて多くの施設からのお問い合わせやお引き合いをいただくようになりました。

2017年にはこれまでの夏・年末に加えて、春(3月の春休み期)にも新たに慰問活動の機会を増やしたいと執行部では企画検討を進めております。

一般の方にもボランティアスタッフとしてご参加希望は承らせていただきますので、ぜひお気軽に執行部メンバーなどにお問い合わせください。

イベント概要

慰問先:

博愛社 児童養護部門

http://www.hakuaisha-welfare.net/jido/index.html

参加スタッフ

●一般

池内様
勝藤様
白澤様
たおもと様
山岡様

●麺料理店主
(第5回大阪好っきゃ麺参加店舗有志)

青空(本田)
大成閣(梅木)
掌(堂脇)
どぎゃん(スタッフ2名)
藤や(岩本)

●執行部

田中(極楽うどん)
島田(麺屋而今)
石井(有限会社ノーティーズ)
赤坂(麺乃家西天満)
石田(うどん居酒屋麦笑)
柏原(かしや)
西原(麺屋わっしょい)
田中(お好み焼きでん)
川崎(麺創麺魂)

ご提供食数

特製ラーメン 約180食

特製イカ焼き 約200食

イカ焼き機 提供

東桃谷 岡地車会

当日のもよう